賢く・便利に収納してますか?

かさばらない服のたたみ方は?衣類の収納・整頓術

衣類の洗濯から収納までで 一番苦手な事って 何ですか?
私は・・・洗濯した衣類を畳むこと!


衣類は、1人の人が着る服でもサイズや形が商品によって全く違い、
同じたたみ方をしても、たたみ終わった衣類の大きさはマチマチになりがち。


タンスや衣装ケースに収納しようとしても、大きさがマチマチの衣類では
キレイにスッキリ収納することが難しく、気づくとグチャグチャに・・・


また、衣類は毎日着るもの。
収納時はキレイに出来ても、出し入れしているうちにグチャグチャに・・・
ということも多いこと。


ここでは、そんなグチャグチャになり易い衣類をキレイに賢く収納するために、
かさばらない服のたたみ方、整頓術についてみてみたいと思います。


<トップス>
衣類の前側が下になるように置き、両袖を中央へ折りたたむ。
(袖の付け根・ワキ部分から数センチ内側に入るようたたむと良い)
この時、長袖の衣類は袖部分を中央で再度折り返したたむと邪魔にならない。
                  ↓
胴体部分を首元に向かって半分に折りたたむ
                  ↓
下側になっている衣類の前側を上に向け、更に半分になるよう折りたたんで完成!
(首元は、衣類を出し入れする際引っかかりやすくなるので、内側に折ることで解消)

*トップスの前側にボタンや装飾品が付いている衣類は、
最初、背中側を下にしてたたみ始めた方がボタンや装飾品を傷つけず収納できるよう。


<ボトムス>
ボトムスのセンターラインで半分に折る
                  ↓
おしり部分を少しおり、キレイな長方形に
                  ↓
ボトムスが長方形になったら後は、裾側からクルクル巻いて完成!
(巻いて収納しておくことで、折りシワが出来ず履いた際もスッキリ)


どちらも畳む際は、厚紙などを たたみあげたい大きさにカットし利用すると、
出来上がりサイズに差がなくキレイにできます。


また、クローゼットでの収納をされている方は、
無理にたたんで収納するより、たたまず吊るして収納することも
収納上手になるポイントの1つ。


特に、ワンピース、ズボンなどの丈の長い衣類は、
畳むことでシワになりやすく、また かさばる衣類の代表格。
吊るして収納の方が楽で良いようですよ。


と、ここまでキレイに収納出来るようにと衣類のたたみ方をみてきましたが、
スッキリ整頓するには、シーズンオフなどで着ない服をクローゼットやタンスなどから減らすことも
収納上手になるためには大切なこと。


もう着ないなぁー と思う衣類は→勇気を持って処分する!
シーズンオフの衣類は →リネット保管で、シーズンが来るまで保管してもらう!
と、便利なサービスは賢く使って、スッキリキレイに収納してみてくださいね。




>>宅配クリーニングサービス人気ランキングはこちら


宅配クリーニング【リネット】について

 

靴の宅配クリーニングも「リネット」へ

 

布団の宅配クリーニングも「リネット」へ

 

賢く・便利に収納してますか?

 

クリーニング・洗濯の豆知識

 

スワップポイント