クリーニング・洗濯の豆知識

家庭洗濯(ドライ機能)とクリーニング(ドライクリーニング)は何が違うの? 

毎日着用する洋服、衣類。
衣類の洗濯は家庭の仕事の中でも、毎日 果てしなく続く仕事の1つ。
数日 洗濯をすることをサボると 溜めてしまった分まとめて干すのが大変・・・
毎日こまめに洗濯している時の倍 時間がかかった・・・
なんていう経験をしたことがある人も多いのでは?


そして、洗濯 ""あるある"" で迷うことの1つとして良くあるのが、
「この洋服・・・クリーニングに出す? 出さずに自宅で洗濯する?」
です。


ビジネススーツや礼服、革製品など、自宅で洗濯するのが大変そうな衣類であれば
迷うこと無く「クリーニングで!」と決断することも出来ますが、
冬物のセーターやコートなどは、自宅で洗えそうな・・・洗ってはダメなような・・・
どっち?? と悩むことも多いのでは?


悩む理由としてあるのが、自宅での洗濯とクリーニング店での洗濯の違いが
わからないため。
自宅での洗濯 クリーニング店でのクリーニング
いったい何が違うのでしょうか??


まず、自宅での洗濯といえば・・・誰もが使っているのが洗濯機。
自宅での洗濯は、洗濯機に衣類用洗剤+柔軟剤を入れてスイッチON
洗濯機が水と洗剤で衣類を洗いあげてくれます。
自宅洗濯=水洗い。


一方 クリーニングでの洗い方は、洗うものによって洗い方が違うよう。
Yシャツや白衣などは「温水洗い」
水洗いが可能なものの色柄物やデリケートな衣類は「ウエットクリーニング(水洗い)」
ドライマークのみ表示の衣類は「ドライクリーニング(溶剤洗い)」


あれ!? クリーニングでの洗い方も どれも自宅の洗濯機、洗濯機の機能で出来そう??
と 思った方、確かに
温水洗い→水をお湯に変えるだけ
ウエットクリーニング→いつも通りの水洗い洗濯
ドライクリーニング→洗濯機のドライ機能を使えばOK!?


ん!? 
クリーニングでのドライクリーニングと 洗濯機のドライ機能は一緒??
んーーーーーーーん??


答えは・・・全く 別の洗い方、別物です。


自宅の洗濯機のドライ機能(機種によって名称が違うこと有り)は、
通常機能 同様 水を使い洗濯。
ただ、通常時よりも洗濯槽の動きを弱め、弱水流、脱水時間の短縮と
衣類に強い力が加わらないように洗い上げることで衣類に優しく洗濯する機能。


一方、クリーニングでのドライクリーニングは
水を使わず石油系の有機溶剤を使っての洗濯、クリーニング。
自宅の洗濯機の機能 ドライ機能とは全く異なり、有機溶剤を使うことで
衣類の膨張、伸縮や表面の変性など 型くずれさせずに洗濯可能。


自宅での洗濯とクリーニングの違いを簡単に言うと
例えば・・・
洋服のポケットの中に うっかりティッシュを入れっぱなしにしていてポケットの中でボロボロに・・・
更に酷い時には、他の衣類にまでボロボロになったテッシュがくっつき 再び洗濯をやり直し・・・
これも "洗濯あるある" の1つですが、自宅での洗濯にティッシュの取り忘れは厳禁。


ですが、これがクリーニングのドライクリーニングなら
取り忘れたティッシュはポケットの中でそのまま。
ボロボロになること無く キレイな状態のまま洗い上げられます。
クリーニングのドライクリーニングは、それほど衣類に優し洗濯方法。
特に、水洗いで型くずれしやすい ウール製の背広や学生服に適しているようですよ。


そして、そんなクリーニングのドライクリーニングを利用するか・しないかは
衣類に付いている洗濯表示マークで判断を!


もし、洗濯表示マークが「ドライマークのみ可」になっている衣類でしたら
迷わず クリーニング店へ!


また、ドライクリーニングは油性の汚れ落としに特に適しているようなので、
油性汚れが付いたもの・付いているものも
迷わずクリーニング店への依頼をオススメします。
これで少しは、洗濯時の悩みを解消できたかなぁー。




>>宅配クリーニングサービス人気ランキングはこちら


宅配クリーニング【リネット】について

 

靴の宅配クリーニングも「リネット」へ

 

布団の宅配クリーニングも「リネット」へ

 

賢く・便利に収納してますか?

 

クリーニング・洗濯の豆知識

 

スワップポイント