クリーニング・洗濯の豆知識

衣類をクリーニングに出すタイミングっていつ?

季節の変わり目、衣替えの時期、毎年悩むのが 
「クリーニングにはいつ出すべき?」


クリーニングに出してから衣替え(収納)→次シーズンが来たらそのまま着用
する場合と
衣替え(収納)してから→次シーズンが来たタイミングでクリーニングして着用
する場合
どちらが正しいの?? どちらが正解??


私は、クリーニングに出してから次シーズンが来るまで収納しておくタイプ。
ですが、これだと いくらクリーニングで一度キレイに洗い上げたと言っても
長期間収納しておいた衣類。


収納していた間に衣類に虫が・・・ あれ?この部分白くなってる!! カビ発生!?
収納前にクリーニングに出したから絶対安心というわけでもなく・・・
かと言って、汚れたものをそのまま長期間放置してしまうと、汚れが取れなくなってしまうのでは・・・
クリーニングに出さないと、より衣類の状態が悪くなってしまうのでは・・・


それならいっそ 収納前と着用前の2回クリーニングに出せば!!
と言われてしまえば、それもそうですが・・・
そうなるとクリーニング代金は2倍! クリーニングに出す手続きも2倍!!
倍・倍・倍 全部 倍で 金銭的にも、それ以外の手間もかかって大変。
出来る事なら一度の手続き、一度の料金で終わらせたいもの。


そこでクリーニングの定員 クリーニングのプロに 
クリーニングに出すタイミングについて確認してみたところ、


クリーニングに出すタイミングは、人それぞれではあるものの、
お気に入りの衣類を少しでも長く着用するためには
『着なくなった衣類は、収納前にクリーニングすることが一番』
との事でした。


その理由に、
衣類の汚れは、目に見えるもの(食べこぼしによるシミや黄ばみ)から 
目に見えないもの(皮脂汚れや汗)などがあり、
これらの汚れは、放置することで虫食いの要因になるだけでなく
カビや、汚れが酸化しておこる悪臭など、衣類のトラブルを引き起こしやすくなるもの。


見た目に汚れていないから大丈夫!!
と、そのまま放置してしまうと 繊維の劣化や虫食いによる穴あきの原因に
着用しようとした時には 着用できない状態になってしまいますよ!


そんな衣類のトラブルを避けるためにも、長期収納する際は
クリーニングに出し、しっかり汚れを落とすことが大事。
また、収納前にクリーニングに出したからと言って、
オフシーズン中 ずーーーっとクローゼットや衣料ケースに収納しっぱなしにしておく事も危険。


できれば、クリーニング後も2、3ヶ月に一度は天気の良い日に日陰干し!
日陰干しすることで湿気によるカビの発生、衣類の虫食い対策にも効果的。
着用しようと思ったときに 気持ちよく袖を通せるようになります。


そんなことから クリーニングに出すタイミングの正解は、
「収納前に出す! そしてクリーニング後もこまめに日陰干し!!」


ただ中には、一度収納した衣類を いくら虫・カビ対策だからと言って出すのは面倒
と言う方も見えると思います。
そんなにオススメなのが「宅配クリーニングリネットの【リネット保管】」


リネット保管なら、クリーニング後 衣類に適した環境で最大8ヵ月保管可能。
料金も クリーニングに出す価格に少しプラスするだけでOK!
何かと面倒くさがり屋の方 忙しくてクリーニングも、その後の日陰干しもやってる暇がない方
一度 試しに利用してみてはいかがですか?




>>宅配クリーニングサービス人気ランキングはこちら


宅配クリーニング【リネット】について

 

靴の宅配クリーニングも「リネット」へ

 

布団の宅配クリーニングも「リネット」へ

 

賢く・便利に収納してますか?

 

クリーニング・洗濯の豆知識

 

スワップポイント